痛風とはわかりやすく?原因や初期症状、ダメな食べ物や治し方について

痛風と効くと、なんとなく関節が痛くなったり、ちょっと嫌なイメージですよね。今回は、漠然とならないように気をつけている痛風について、痛風とはわかりやすくどんなものなのか?

痛風になってしまう原因、症状、初期症状、痛風になったときにダメな食べ物について詳しく解説していきます!

痛風とはわかりやすく?

痛風は、高尿酸血症と呼ばれる状態が原因で生じる疾患です。

高尿酸血症は、体内に尿酸が過剰に蓄積することで起こります。尿酸は通常、体内で産生され、腎臓を介して尿として排泄されます。

しかし、尿酸の産生量が増えたり、排泄量が減ったりすると、体内に尿酸が溜まり、結晶が関節や周囲組織に堆積し、痛風発作が起こります。

痛風の原因は?

痛風の主な原因は、遺伝的要因と生活習慣要因の相互作用です。

遺伝的要因は、体内での尿酸の産生や排泄に関与する遺伝子の変異によって影響を受けます。

生活習慣要因には、食事、飲酒、肥満、特定の薬物の使用などが含まれます。

食事に関しては、高尿酸血症を引き起こす可能性のある食品があります。

主な要因としては、内臓肉(レバーや腎臓)、魚介類(アンコウやイワシ)、肉汁の多い肉類、ビールや甘い飲み物に含まれるフルクトースなどが挙げられます。

アルコールの過剰摂取も高尿酸血症を引き起こす可能性があります。

痛風の初期症状は?

痛風の初期症状は、急激な関節の疼痛と腫れです。

通常、最初の発作は一つの関節(特に足の親指)に現れます。

夜間や早朝に発作が起こることが多く、激しい痛みによって正常な日常生活が妨げられることがあります。

関節は非常に敏感になり、触れるだけでも激痛を引き起こします。また、関節が腫れて赤くなることもあります。

痛風の症状は?

痛風の症状は、発作時の急激な関節痛と腫れだけでなく、長期的な合併症も含まれます。

繰り返し発作が起こる場合、関節に尿酸結晶が沈着し、関節炎や石灰化が進行することがあります。

この状態は慢性痛風と呼ばれ、関節の機能障害を引き起こす可能性があります。

さらに、高尿酸血症は尿酸結晶が他の部位にも沈着することがあります。

これにより、尿路結石や尿酸性腎症などの合併症が生じる可能性があります。

痛風になったときにダメな食べ物は?

痛風発作を抑えるためには、食事に注意する必要があります。以下の食品は、痛風の発作を引き起こす可能性があるため、制限または避けるべきです。

プリン体の多い食品

内臓肉(レバーや腎臓)、魚介類(アンコウやイワシ)、肉汁の多い肉類など。

フルクトースの多い飲み物

フルクトースは体内で尿酸の生成を促進するため、ビールや甘い飲み物を制限する必要があります。

アルコール

アルコールの過剰摂取は高尿酸血症を引き起こす可能性があります。特にビールはプリン体の含有量が高く、注意が必要です。

痛風を早く治す方法は?

痛風の発作を早く治すためには、以下の方法が役立ちます。

医師の指示に従う

痛風の治療は医師の指示に従って行う必要があります。医師は痛風の症状を軽減するための適切な薬物療法を提案するでしょう。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の使用

NSAIDsは痛風の痛みや炎症を軽減するために使用されます。

ただし、副作用のリスクや他の既存の健康問題との相互作用に注意する必要があります。

経口コルヒチンの使用

コルヒチンは痛風発作の治療や予防に使用される薬物であり、痛風の炎症を抑える効果があります。

ただし、適切な投与量を守り、副作用に注意する必要があります。

尿酸排泄を促す薬物の使用

尿酸排泄を促進する薬物(例:アロプリノール)は、尿酸の蓄積を防ぐために使用されます。

生活習慣の改善

健康的な生活習慣を維持することも重要です。適切な体重維持、バランスの取れた食事、適度な運動、アルコールの適量摂取などが推奨されます。

痛風は適切な治療と生活習慣の改善によって管理されることができます。ただし、痛風の治療や予防には個々の症状や健康状態に基づいた適切なアプローチが必要です。医師との相談をお勧めします。

痛風に効く漢方はあるの?

痛風に直接ではありませんが、便通を整え体質を根本的に改善していくことが必要です。特に肉食・アルコールを避けていくことが最も重要です。

大柴胡湯(だいさいことう)

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)


色々とカラダのことを調べてわかったのは、結局普段からの「生活習慣」が本当に大切だということです。

私の父も糖尿病の診断のあと、自力で生活習慣の改善にとても苦労しました。頼れるものがあるだけで、本人も家族も安心ですよね。