歯周病の原因や症状について詳しく知りたい!ストレスなどの原因は関係ある?関連する病気は?

歯周病は結構身近に聞く言葉ですが、いざなってしまったときにどんな影響があるのか気になりますよね。

今回は、そんな歯周病について、その原因や症状、ストレスなど関係する原因や治療法などについて詳しく解説していきます。

歯周病とは?

歯周病は、歯周組織(歯ぐきや歯槽骨)の炎症や破壊を特徴とする慢性的な歯周組織疾患の一つです。

歯周病は口腔内の細菌の増殖によって引き起こされ、放置すると歯周組織の損傷や歯の喪失につながります。

歯周病は早期に治療することが重要であり、適切なケアや歯科医の定期的な診察が必要です。

歯周病の原因は?

歯周病の主な原因は、口腔内の細菌の増殖とその後の炎症反応です。

口腔内のプラークと呼ばれる細菌の付着物が歯の表面や歯ぐきの縁に形成され、細菌が増殖して歯垢となります。

歯垢が十分に除去されない場合、細菌が歯ぐきの下に進入し、歯周ポケットと呼ばれる溝を形成します。

この状態で細菌が増殖し、歯ぐきの炎症や歯周組織の破壊が進行します。歯周病のリスク因子には、喫煙、遺伝、ストレス、不適切な口腔衛生、栄養不良などがあります。

歯周病の症状は?

歯周病の症状は以下のようなものがあります。

  • 歯ぐきの腫れ: 歯ぐきが腫れたり赤くなったりすることがあります。
  • 歯ぐきからの出血: 歯磨きや食事中に歯ぐきから出血することがあります。
  • 口臭: 歯周病の進行により口臭が生じることがあります。
  • 歯周ポケット: 歯周ポケットが形成されることで、歯ぐきと歯の間に隙間が生じます。
  • 歯のぐらつき: 歯周組織の破壊が進行すると歯がぐらつくことがあります。

歯周病の早期症状は軽度である場合が多く、患者自身が気づきにくいことがあります。

そのため、定期的な歯科医の診察や適切な口腔ケアが重要です。歯周病が進行すると、より重篤な症状や合併症が生じる可能性がありますので、早期の治療が必要です。

歯周病の原因でストレスは関係あるの?

歯周病の原因としてストレスが関与する可能性があります。

ストレスは免疫系の機能を低下させ、炎症反応を増強することが知られています。

口腔内の細菌が増殖する際に免疫系の働きが低下すると、歯ぐきの炎症が悪化しやすくなります。

また、ストレスによって口腔衛生が悪化することもあり、歯周病のリスクが増加する可能性があります。

さらに、ストレスが口呼吸を促進し、口腔内の乾燥を引き起こすことも歯周病の原因となります。そのため、ストレス管理やリラックスする習慣を取り入れることは、口腔健康を維持するために重要です。

歯周病の治療方法はある?

歯周病の治療方法には以下のようなものがあります。

  • 歯科医による専門治療: 歯周病の重症度に応じて、歯科医が専門的な治療を行います。歯周ポケットのクリーニングや歯石の除去、歯ぐきの手術などが行われることがあります。
  • 歯科衛生士によるケア: 歯科衛生士が定期的にプロフェッショナルな歯のクリーニングや歯周ポケットの清掃を行うことで、歯周病の進行を遅らせることができます。
  • 口腔衛生の改善: 歯磨きやフロスの正しい使い方、口腔洗浄剤の使用などを通じて口腔衛生を改善することが重要です。
  • 抗生物質の使用: 一部の重症な歯周病に対しては、抗生物質の使用が適切な場合があります。

歯周病の治療は早期に行われるほど効果的であり、歯周病の進行を遅らせることができます。定期的な歯科医の診察と適切なケアが重要です。

歯周病の予防で有効な対策はある?

歯周病の予防には以下のような対策が有効です。

  • 定期的な歯科医の診察: 歯科医の定期的な診察を受けることで、歯周病の早期発見と治療が可能です。
  • 適切な口腔ケア: 歯磨きやフロスを毎日行い、口腔内のプラークを除去することが重要です。
  • バランスの取れた食事: 栄養バランスの取れた食事を摂取し、砂糖や精製された炭水化物を控えることが口腔健康を維持する上で重要です。
  • 禁煙: 喫煙は歯周病のリスクを増加させることが知られています。禁煙を心がけましょう。

これらの対策を実践することで、歯周病のリスクを軽減し、口腔健康を維持することができます。

歯周病に関連して引き起こされる病気はある?

歯周病は口腔内だけでなく、全身の健康にも影響を及ぼす可能性があります。

歯周病と全身疾患の関連性は、さまざまな研究で示唆されており、以下のような病気との関連が報告されています。

  • 心血管疾患: 歯周病と心血管疾患の関連性が指摘されており、歯周病が心臓病や動脈硬化のリスクを増加させる可能性があります。歯周病によって口腔内の細菌が血液中に侵入し、血管壁に炎症を引き起こすことが考えられています。
  • 糖尿病: 歯周病は糖尿病の管理を困難にする可能性があります。歯周病による口腔内の炎症が血糖値の上昇を促進し、糖尿病の進行を悪化させることがあります。また、糖尿病患者は歯周病にかかりやすい傾向があります。
  • 呼吸器疾患: 歯周病が重症化すると、口腔内の細菌が気道や肺に到達し、呼吸器疾患のリスクを増加させる可能性があります。特に高齢者や免疫力が低下している人は、呼吸器感染症のリスクが高まります。
  • 妊娠関連の合併症: 歯周病は妊娠中の女性にとって重要な問題であり、早産や低体重出生児のリスクを増加させる可能性があります。歯周病による口腔内の炎症が全身へ影響を与え、妊娠合併症の発症リスクを増加させることが報告されています。

これらの病気は歯周病によって引き起こされる可能性がありますが、適切な口腔ケアや定期的な歯科医の診察を通じて、歯周病の進行を遅らせ、全身の健康を維持することが重要です。


色々とカラダのことを調べてわかったのは、結局普段からの「生活習慣」が本当に大切だということです。

私の父も糖尿病の診断のあと、自力で生活習慣の改善にとても苦労しました。頼れるものがあるだけで、本人も家族も安心ですよね。