咳喘息とは?症状や原因、気管支喘息との違い、自然に治すことはできるの?

花粉が飛んでいてなんだか呼吸がしにくいな、という人も多いのではないでしょうか?かくいう私も原因不明の咳に悩まされている一人で、つい最近「咳喘息」ではないかと言われました。

今回は、そんな「咳喘息」について、咳喘息とはそもそもどんなものか?症状やその原因について、気管支喘息との違いなどについて詳しく解説していきます。

咳喘息とは?

咳喘息は、喘息の一種であり、主に咳が主な症状として現れる呼吸器疾患です。

通常の喘息とは異なり、咳が持続し、他の喘息の症状(呼吸困難や胸部の圧迫感など)があまり見られないことが特徴です。

咳喘息はしばしば夜間や早朝に悪化することがあります。

咳喘息の原因は?

咳喘息の原因は通常、気道の炎症に関連しています。

気道の炎症が咳の反射を引き起こし、痰や粘液を排出しようとすることで咳が発生します。

これは通常、アレルギー反応や感染症によって引き起こされることがあります。

アレルギー性の原因としては、花粉やダニ、ペットの毛などが挙げられます。また、感染性の原因としては風邪やインフルエンザ、細菌感染などが考えられます。

咳喘息の症状は?

咳喘息の主な症状は、咳のみであり、他の喘息の症状(例:息切れ、胸部の圧迫感)はあまり見られません。

咳は通常、夜間や早朝に最も悪化します。咳は長引くことがあり、特に夜間は睡眠を妨げることがあります。

咳喘息は自然に治せる?

咳喘息は自然に治癒することがありますが、症状が持続する場合は適切な医療介入が必要です。

特に原因がアレルギー反応や感染症にある場合は、対処が必要です。

自然に治癒する可能性もありますが、それには時間がかかることがありますし、一部の患者では症状が悪化することもあります。

咳喘息は他人にうつる?

咳喘息は感染症ではないため、他人に直接うつることはありません。

ただし、原因となるアレルゲンや感染症は他人からうつる可能性があります。

また、咳の症状がある場合は、飛沫感染によって風邪や他の呼吸器感染症がうつる可能性があるため、咳喘息の患者は他人との接触を避けることが推奨されます。

咳喘息と気管支喘息の違いはある?

咳喘息と気管支喘息は、症状や診断方法などいくつかの点で異なります。

咳喘息は、主な症状が咳であり、他の喘息の症状がほとんど見られない場合に診断されます。

一方、気管支喘息では、咳以外にも息切れや胸部の圧迫感などの症状が見られることが一般的です。

咳喘息の治療方法は?

咳喘息の治療方法には、以下のようなものがあります。

  • 吸入療法: 咳喘息の治療には吸入ステロイドや気管支拡張薬が使用されることがあります。これらの薬は気道の炎症を抑え、症状を緩和します。
  • アレルゲン管理: 咳喘息の原因がアレルギー反応に関連している場合は、アレルゲンの避け方やアレルギー治療が行われることがあります。
  • 抗生物質: 咳喘息が感染症に関連している場合は、抗生物質が処方されることがあります。

咳喘息の治療は個々の症状や原因によって異なるため、正確な診断と適切な治療計画が重要です。医師の指導のもとで適切な治療を受けることが重要です。


色々とカラダのことを調べてわかったのは、結局普段からの「生活習慣」が本当に大切だということです。

私の父も糖尿病の診断のあと、自力で生活習慣の改善にとても苦労しました。頼れるものがあるだけで、本人も家族も安心ですよね。