爪下血腫とは?読み方や原因について、自然に治るもの?何科にいけばいいか知りたい

足がなんだか内出血のようになっている、、それ爪下血腫かもしれません。

聞き馴染みのない言葉で少しびっくりしてしまいますが、ここではそんな爪下血腫について、読み方や原因について、自然に治すものなのか、そして医者に行くとすれば何科にいけばいいかなど詳しく開設していきます。

爪下血腫とは?

爪下血腫は、爪と爪床の間に血液がたまる状態を指します。

通常、怪我や外傷が原因で起こりますが、爪下血腫は痛みや圧迫感を引き起こし、爪の色や形状にも影響を与えることがあります。

爪下血腫の読み方は、「そうかけっしゅ」といい、その名の通り爪の下が内出血のようになってしまうことを指しています。

爪下血腫の原因は?

爪下血腫の主な原因は、爪に外傷が加わることです。

具体的には、指を挟んだり、ハンマーやドアなどに指をぶつけたりすることが挙げられます。

これによって血管が損傷し、爪下に血液がたまることがあります。

また、スポーツや日常生活の中での怪我や過度の圧力が原因となることもあります。

爪下血腫の症状は?

爪下血腫の症状には以下が含まれます:

  • 痛み: 爪下血腫が発生すると、痛みや圧迫感が生じることがあります。特に外傷直後は痛みが強くなる場合があります。
  • 変色: 血液が爪の下にたまることで、爪が紫色や黒色に変色することがあります。
  • 爪の変形: 爪下血腫が進行すると、爪が持ち上がったり歪んだりすることがあります。

爪下血腫は放置するとどうなる?

爪下血腫を放置すると、以下のような合併症が起こる可能性があります:

  • 感染: 血液が爪の下にたまると、爪の下で細菌が繁殖しやすくなり、感染症が起こるリスクが高まります。
  • 爪の剥離: 爪下血腫が重症化すると、爪の下から爪が剥がれることがあります。
  • 慢性的な痛み: 放置すると、爪下血腫が慢性化し、痛みが持続する可能性があります。

爪下血腫は何科にいけばいい?

爪下血腫の治療は一般的に皮膚科や整形外科で行われます。

しかし、重症化している場合や合併症が起こっている場合は、内科や救急医療機関での治療が必要となることもあります。

爪下血腫の治し方は?

爪下血腫の治療方法には、以下のようなものがあります:

  • 冷却: 怪我直後には、冷却パックや氷を使って炎症を抑えることが重要です。
  • 安静: 指を安静に保つことで、炎症が引きやすくなります。
  • 爪の穿孔: 重度の爪下血腫の場合、医師が爪を穿孔して血液を排出することがあります。これにより痛みが軽減され、爪の形状が回復しやすくなります。
  • 抗生物質の処方: 爪下血腫が感染している場合、医師は抗生物質を処方することがあります。

しかし、自己治療だけで済ませず、重症の場合や合併症が起こっている場合は必ず医師に相談することが重要です。


色々とカラダのことを調べてわかったのは、結局普段からの「生活習慣」が本当に大切だということです。

私の父も糖尿病の診断のあと、自力で生活習慣の改善にとても苦労しました。頼れるものがあるだけで、本人も家族も安心ですよね。