粉瘤とは?粉瘤の原因やなりやすい体質について、自分で取っても良いの?

粉瘤は言葉では聞いたことがある人が多いかもしれません。ただいざなってしまうと、少し心配になってしまいますよね。

今回は、そんな粉瘤について、粉瘤の原因や症状、自分で取って良いのか、できやすい体質などがあるのかについて詳しく解説していきます。

粉瘤とは?

粉瘤(ふんりゅう)は、皮膚の下にできる良性の腫瘍であり、一般的には脂肪組織が集まってできた塊です。

粉瘤は一般的に痛みや腫れを伴わず、皮膚の表面で移動することができます。

ほとんどの場合、粉瘤は良性であり、がん化することはまれですが、放置すると感染や炎症を引き起こすことがあります。

粉瘤の原因は?

粉瘤の主な原因は、毛包や皮脂腺の閉塞や刺激によって脂肪組織が増殖することです。

これによって、皮膚の下に脂肪組織が集まり、粉瘤が形成されます。

また、外傷や摩擦、感染などが原因で粉瘤が発生することもあります。

粉瘤の症状は?

粉瘤の一般的な症状には以下が含まれます:

  • 皮膚の塊: 皮膚の下に柔らかい塊ができることがあります。これは、粉瘤が形成されている部位で感じられます。
  • 移動性: 粉瘤は皮膚の下で移動しやすく、指で押すと軽く動くことがあります。
  • 軽度の痛み: 一部の人は、粉瘤が圧迫されたり刺激されたりすると軽度の痛みを感じることがありますが、一般的ではありません。

粉瘤ができやすい体質は?

粉瘤は一般的に誰にでも発生する可能性がありますが、特定の体質や条件が粉瘤の発生を促進することがあります。これには以下が含まれます:

  • 遺伝的要因: 家族歴に粉瘤がある場合、個人の発生リスクが高まることがあります。
  • 肥満: 肥満の人は、皮脂腺や毛包がより閉塞されやすくなるため、粉瘤のリスクが高まることがあります。
  • 糖尿病: 糖尿病の人は、皮脂腺の機能が低下しやすいため、粉瘤の発生リスクが高まることがあります。

粉瘤は自分で取っても大丈夫?

粉瘤を自分で取ることは、非常に危険であり、感染や炎症を引き起こすリスクが高まります。

また、適切な器具や衛生管理がない場合、傷口から細菌が侵入し感染症を引き起こす可能性があります。そのため、粉瘤の治療は医師によって行われるべきです。

粉瘤の治し方は?

粉瘤の治療方法には以下が含まれます:

  • 手術: 医師が局所麻酔を使って粉瘤を切開し、内部の脂肪組織を摘出する手術が行われることがあります。
  • 抗生物質: 感染が疑われる場合は、抗生物質が処方されることがあります。
  • 湿布: 感染予防のために、湿布や抗菌軟膏が使用されることがあります。

治療方法は粉瘤の大きさや症状に応じて異なりますが、一般的には医師の指示に従って治療を受けることが重要です。自己処置を行わず、専門家のアドバイスを求めることが必要です。


色々とカラダのことを調べてわかったのは、結局普段からの「生活習慣」が本当に大切だということです。

私の父も糖尿病の診断のあと、自力で生活習慣の改善にとても苦労しました。頼れるものがあるだけで、本人も家族も安心ですよね。