胃がん検診の内容は?胃がん検診の意味はあるの?対策は?

様々ながん検診がありますが、どのような意味があるのか不安な人も多いのではないでしょうか?

今回は胃がん検診について、どんな内容なのか?検診自体に意味はあるのかという点について詳しく解説していきます!

胃がん検診の内容

胃がん検診は、胃がんの発見早期に重要です。一般的に、胃がん検診には、以下のような方法が使用されます。

内視鏡検査

胃の中を鏡を使って見ることができます。

胃部X線

通常バリウムを服用し、胃部をX線で撮影します。

血液検査

胃がんの発症兆候となる特定のタンパク質(特に胃がん特異抗原)が血液中に存在するかを検査します。

組織検査

胃部の病変を検出するために、胃部の組織を抽出し、顕微鏡で調べます。

これらの検査は、胃がんの初期発見に有効です。ただし、胃がんを発見するためには、症状が出るまでには時間がかかることがあります。そのため、胃がんの危険因子を有する方は、定期的な検診を受けることをお勧めします。

胃がんの原因は?

胃がんの原因は、複数の要因が関与していると考えられています。その中でも主な原因とされるのは以下のようなものです。

慢性的な胃炎

長期にわたって胃の炎症が続くことで、胃がんの発症リスクが高まります。

食生活

肉や魚介類を多く食べること、塩分を多く含む食品を食べること、アルコールを多飲みすることなどが胃がんの発症リスクを高める可能性があります。

喫煙

喫煙は、胃がんの発症リスクを高める原因の1つとされています。喫煙によって、胃壁の細胞が変性し、がん細胞が発生しやすくなる可能性があります。

感染

ヘルペスウイルス8 (HHV-8)などの感染症が胃がんの発症リスクを高めることが知られています。

遺伝子

胃がんは、家族歴のある人々に多く見られます。胃がんの遺伝子変異が家族内で継承されることが原因の場合もあります。

消化性潰瘍

長期にわたって胃潰瘍を患っている人は、胃がんの発症リスクが高まる可能性があります。

胃がんとピロリ菌の関連について

胃がんとピロリ菌の関連は、近年の研究により明らかになってきています。

ピロリ菌は、胃に常在する細菌の一種で、胃の消化・吸収を支える役割を持っています。

しかし、一部の人では、胃の酸が少なくなり、胃内pHが高くなり、それによって胃に多く存在することになります。

この状態を維持することで、胃粘膜に対する腫瘍性変化を引き起こす可能性があります。

このような状態で、長期にわたって胃粘膜に接触し続けることで、胃粘膜の細胞が変性し、がん細胞が発生する可能性があります。

研究によると、ピロリ菌が胃粘膜に感染している場合、胃がんの発症リスクが高まることが示されています。

ただし、このような関連があるというだけで、すべての胃がんがピロリ菌によって引き起こされるわけではありません。

胃がんの発症には、様々な要因が関与しているためです。 また、胃にピロリ菌が存在するからと言って、必ず胃がんになるというわけでもありません。

胃がんのリスクを低減するためには、健康的な食生活や適度な運動、喫煙の控えめなどが重要です。

結局、胃がん検診の意味はあるの?

胃がん検診は、胃がんを早期に発見することで、早期発見すれば治療が有効になる可能性が高いことから、重要な意味を持ちます。

胃がんは、発症が早期になると、がんの発育が小さく、手術などの治療が有効になる可能性が高いためです。

また、胃がんは症状がほとんどないため、早期発見が困難であることが多いためです。

胃がん検診は、主に胃内視鏡検査とバリウム飲服検査が行われます。

胃内視鏡検査は、胃の中をカメラで撮影しながら検査を行う方法で、胃がんを早期に発見するために有効です。バリウム飲服検査は、胃にバリウムを飲ませ、X線撮影を行う方法で、胃がんを早期に発見するために有効です。

ただし、胃がん検診は、完全に保証されるものではありません。早期発見できない場合もあります。

また、胃がん検診によって不要な手術などの医療費がかかることもあります。そのため、胃がん検診は、適応に応じて行うべきであると考えられます。


色々とカラダのことを調べてわかったのは、結局普段からの「生活習慣」が本当に大切だということです。

私の父も糖尿病の診断のあと、自力で生活習慣の改善にとても苦労しました。頼れるものがあるだけで、本人も家族も安心ですよね。