腸閉塞とは?症状や原因について、イレウスとの違いは?手術の必要はあるの?

腸閉塞と聞くと、とても怖い病気のような気がしてしまいますよね。ただなんとなく良くない気がしているものの、一体どのくらい重大な病気なのか詳しく知らない方が多いと思います。

今回は、腸閉塞とはそもそも何か、その症状や原因、腸閉塞になってしまったときの食事について、そして腸閉塞に手術などが必要かという点について詳しく解説していきます!

腸閉塞とは?

腸閉塞は、腸管内の通り道が部分的または完全に塞がれ、食物や液体の通過が阻害される状態です。

これにより、腸内の圧力が増加し、痛みや不快感を引き起こします。

腸閉塞は急性または慢性の状態で現れ、治療が適切でない場合は重篤な合併症を引き起こすことがあります。

腸閉塞の症状は?

腸閉塞の症状には、激しい腹痛、腹部の膨満感、吐き気、嘔吐、便秘、ガスの停滞などがあります。

重篤な場合では、腸の蠕動が停止し、腸内の血流が低下することで腹部が硬くなる場合もあります。また、腹部の聞診で腸内の液体の流れが聞こえないことも確認されます。

腸閉塞の原因は?

腸閉塞の原因は多岐にわたります。内部の腫瘍や腫れ、炎症、腸の捻転、粘液や便の塊などが腸管内を塞ぐことがあります。

また、手術後の癒着、瘢痕組織、腸間膜の異常、腸腰筋の緊張なども原因となることがあります。

腸閉塞のときの食事は?

腸閉塞の時は、口からの摂取が制限される場合があります。

主治医の指示に従い、通常は絶食が必要な場合があります。重度の腸閉塞の場合、口からの摂取を控え、静脈内栄養療法が必要になることもあります。

腸閉塞とイレウスの違いは?

腸閉塞とイレウスは似た症状を示す疾患ですが、異なるものです。

腸閉塞は腸管自体が閉塞された状態であり、通過不可能ですが、イレウスは腸管の運動障害により内容物の通過が妨げられた状態です。

イレウスは腸管自体の閉塞ではなく、腸の運動が鈍くなることが特徴です。

腸閉塞に手術は必要?

腸閉塞の治療法は症状の原因に依存します。軽度の場合は絶食や静脈内栄養療法、腸管を刺激する医療処置が行われることもあります。

しかし、原因が解消されない限り再発することがあり、進行した腸閉塞では緊急の手術が必要な場合があります。手術は腫瘍や腫れ、捻転した腸を修復するために行われることがあります。

腸閉塞は、早期の診断と適切な治療が重要です。症状が現れた場合は、速やかに医療専門家の診察を受けることが大切です。


色々とカラダのことを調べてわかったのは、結局普段からの「生活習慣」が本当に大切だということです。

私の父も糖尿病の診断のあと、自力で生活習慣の改善にとても苦労しました。頼れるものがあるだけで、本人も家族も安心ですよね。