糖尿病の初期症状は?どんなことに気をつければいい?予防と対策は?

糖尿病はなんだか怖いけど、よく聞くな、という人も多いのではないでしょうか?運営者の父も糖尿病の診断を受け、診断時には深刻な状況だったという過去があります。

ここでは、糖尿病とは・初期症状についての基礎知識とどうすれば対策できるのか、という点について詳しく解説していきます!

糖尿病とは?

糖尿病は、インスリンの機能障害やインスリンの分泌不足によって、血糖値が高くなってしまう疾患です。

原因としては、遺伝的要因や生活習慣による肥満、慢性的な炎症、ストレスなどが考えられます。

対策としては、健康的な食生活、適度な運動、体重管理、喫煙やアルコールの控除、ストレスの軽減などが考えられます。また、医師による適切な治療を受けることも重要です。

糖尿病の初期症状とは

糖尿病の初期症状は、次のようになります。

  • よく尿をする(多尿症)
  • 疲れやすい
  • 空腹時や食後にむかつく(食欲亢進)
  • 体重減少
  • 視力の悪化
  • 乾燥しやすい皮膚や爪
  • 発疹、かゆみ ・感染症にかかりやすい

ただし、糖尿病の初期症状は、症状が軽いため、病気であることに気づかないこともあります。

また、初期症状は個人差があるため、症状がない人もいるため、定期的な健診を受けることで早期発見ができるようにすることが重要です。

糖尿病を予防するには?

血糖値は、グルコースと呼ばれる糖質を代謝するために必要な物質で、通常は70~100 mg/dLの範囲内が正常とされています。

しかし、糖尿病患者や糖尿病リスクが高い人は、血糖値の管理が必要になります。

血糖値を管理するためには、以下のことに気をつけることが重要です。

食事

糖質を控える食生活を心がける。特に、白米やパン、スイーツなどの高糖質食品は控える。

運動

適度な運動は、インスリンの働きを促し血糖値を下げる効果がある。

体重管理

過度な体重は糖尿病のリスクを高めるため、健康的な体重を維持する。

喫煙やアルコール

喫煙や過剰なアルコール摂取は糖尿病のリスクを高めるため控える。

定期的な健診

糖尿病のリスクが高い人は定期的に健診を受け、早期発見・早期治療をする。

医師による指導

糖尿病の治療には医師による指導が必要なため、定期的に医師に相談する。

血糖値の管理は、個人差があるため、医師と相談しながら日々の生活を調整することが重要です。

血糖値と糖尿病の関係は?

糖尿病は、インスリンというホルモンが分泌されない、またはうまく作用しないため、血糖値が高くなる疾患です。

インスリンは、血糖値を下げる役割を持ち、細胞に糖を取り込むために必要です。

糖尿病になると、インスリンの分泌量が少なくなるため、血糖値が高くなり、細胞に糖が取り込まれなくなります。

糖尿病は、2つの種類に分類されます。

1型糖尿病

1型糖尿病は、免疫系の異常によりインスリンを分泌するβ細胞が破壊されることにより、インスリンを分泌しなくなります。そのため、外部からインスリンを投与する必要があり、病気が悪化するとインスリン依存性になります。1型糖尿病は、10歳以下の子どもや青年に多い疾患です。

インスリンを分泌しないため、外部から投与する必要があります。

2型糖尿病

2型糖尿病は、細胞がインスリンを受け入れなくなったり、分泌量が減少したりすることにより、インスリンが作用しなくなります。

多くの場合、肥満や運動不足が原因です。2型糖尿病は、成人に多い疾患で、病気が進行するとインスリンを投与することが必要になることもあります

1型糖尿病は先天的な疾患であり、2型糖尿病は環境的因子や生活習慣などによって引き起こされる疾患であり、それぞれ治療方法も異なります。

両種類の糖尿病は、適切な治療を受けることで管理が可能ですが、管理不良の場合は、循環器疾患や神経障害などの合併症を引き起こす可能性があります。


色々とカラダのことを調べてわかったのは、結局普段からの「生活習慣」が本当に大切だということです。

私の父も糖尿病の診断のあと、自力で生活習慣の改善にとても苦労しました。頼れるものがあるだけで、本人も家族も安心ですよね。