眼精疲労とは?症状と治し方について、眼精疲労に効くツボや目薬の効果はあるの?

パソコン作業の多い人にとっては身近な眼精疲労。長時間仕事をしていると目に疲れがたまることも多いですよね。

今回はそんな眼精疲労について、眼精疲労の症状と治し方について、そして眼精疲労に効くツボや目薬などについて詳しく解説していきます!

眼精疲労とは?

眼精疲労は、長時間の画面鑑賞、読書、運転、集中作業などによって引き起こされる眼の疲れのことを指します。

この状態では、眼球の周囲の筋肉が緊張し、眼球の動きが困難になります。

長期間続くと、目の疲れだけでなく、全身の疲れや不快感を引き起こすこともあります。

眼精疲労の症状は?

眼精疲労の症状には、目の乾きや痛み、かすみ、光に対する過敏、頭痛、首や肩のこり、集中力の低下、視力の変化、まぶたのけいれんなどが含まれます。

また、目が疲れているにもかかわらず眠れないこともあります。

眼精疲労と頭痛の関係はある?

眼精疲労と頭痛は密接な関係があります。長時間の画面鑑賞や集中作業による目の緊張は、頭痛を引き起こす可能性があります。

眼精疲労による筋肉の緊張や疲れが、頭部の神経に影響を与え、頭痛を誘発することがあります。

眼精疲労に目薬は効くの?

目薬は一時的に目の乾きを和らげる効果がありますが、眼精疲労そのものを治療するわけではありません。

目薬には、目の潤いを保つ成分が含まれており、長時間の画面作業などでの一時的な救済に役立つことがあります。

しかし、根本的な解決策としては、適切な休息や適切な視力補正を行うことが重要です。

眼精疲労に効くツボはある?

眼精疲労を和らげるためには、特定のツボがマッサージや刺激によって効果的であるとされています。

例えば、眉間の中央、目頭から内側に位置する合谷(ごうこく)というツボは、目の疲れを緩和するために刺激することが知られています。

他にも、目の周りや顔のツボを刺激することで疲れを軽減できる場合があります。

眼精疲労は日常生活で頻繁に発生する可能性がある症状です。定期的な休憩や、目の適切なケア、適切な照明と視力補正などが重要です。

万が一、症状が持続する場合は、眼科医や医療専門家の診察を受けることをお勧めします。


色々とカラダのことを調べてわかったのは、結局普段からの「生活習慣」が本当に大切だということです。

私の父も糖尿病の診断のあと、自力で生活習慣の改善にとても苦労しました。頼れるものがあるだけで、本人も家族も安心ですよね。